保育園だより

一日・遊びの保育園だより
一日・遊びの保育園だより

一日・遊び

子ども主体性を育てる その子らしい1日の流れ・あそび

幼児期は子ども自身の自発的な遊びを通してさまざまなことを学んでいきます。ベネッセの保育園では、発達に合った良質な玩具を厳選し、子ども一人ひとりの「やってみたい」気持ちを実現できる遊びの環境を、屋内・戸外で整えています。楽しく集中して遊びながら、社会性や思考力、集中力、創造力、構成力など、就学後の生活や学習の基盤となる力を育んでいきます。


1日の流れと
あそび

その子らしい1日の流れ

※一例です。

3歳児以上
7:00 開園・順次登園
9:00 室内遊び(健康観察)
10:00 戸外遊び
12:00 昼食、午睡・目覚め
15:00 戸外あそび、おやつ
16:30 屋内あそび
18:00 延長保育・捕食
順次降園
20:00 閉園

食事、午睡、遊びの場所

子ども一人ひとりが、生活や行動の見通しがもてるようになるよう、食事、午睡、遊びの場所を区別しています。

遊びを通して身につく
学びに向かう力
(創造力・表現力・思考力・想像力)

積み木遊び

積み木遊びでは仲間と力を合わせて大作を作りあげる喜びを味わいます。

役割をともなう遊び

役割をともなう遊びを通して、他者の気持ちを学び、社会性を身につけます。

キンダー研究会
(幼児保育を深める会)

キンダー研究会(3~5歳児保育の研究)

子どもが夢中になって遊びこむために、保育者はどう関わればいいかの研究を、各園から事例を持ち寄って行っています。