保育のこころ

和光市しもにいくら保育園
根岸 裕美 園長

よりよく生きる力の基礎を育てる

子どもにとって保育園は、イキイキと毎日を過ごすことができる環境でありたいと思います。そのためには、子どもたちみんなが楽しいことを心から楽しいと感じ、悔しさや、困難な経験も、気持ちを切り替え、乗り越えられた自分を「すごいぞ。」と思えるような、ポジティブさがとても大事だと思っています。
そこには、乳児期から「大事にしてもらっている」「愛してもらっている」「見てもらっている」ということが伝わるように、温かい愛情と丁寧な関わり方を積み重ねていくことが重要になってきます。子ども一人ひとりの個性は違います。この子だからこそ持っているキラキラを見逃すことなく、まわりの大人がしっかりと子どもを受け止めていくことで、 子どもには「そのままの自分でいいんだ」という素直な気持ちが芽生えていきます。それが自己肯定感です。
その気持ちは、「その子らしく伸びていく」事につながります。その子らしく伸びていくため、私たちは、子どもの主体性を大切に、4つの関わり方を大切にしています。
1つめは、「認める」こと。子どもの行動や言葉をありのままに受け止め、その心の奥にある思いを汲みとります。自分の気持ちをわかってくれている。気持ちに共感してくれていると感じることで、子どもにとって、保育者は安心できる、信頼できる存在となります。
2つめは、子どもを信じ、「待つ・見守る」こと。どんな小さい子どもにも自分から興味を持ったことに向かう力があります。子どもがやろうとしていることを見守り、待つことは子どもの満足感につながります。時には、自分で悔しい気持ちを整理するための時間が必要なこともあります。そんな時はそばに寄り添い待ってあげることで、子ども自らが自分で気持ちに折り合いをつけ、解決することにもつながります。
3つめは、子どもたちが必ず持っているこころが動く瞬間を「見つける」こと。
そして4つめは、心が動いていることに対し、さらに興味関心があふれ、楽しくなるような工夫を「しかける」ことです。例えば、虫など生き物や自然に対する興味が出てきたと感じたら、自然散策ができる場所を散歩先に選んだり、すぐに調べることができる図鑑を置いたり。虫博士として認められ、自信がついた子どももいます。また、子どもたちがいままで生きてきた力では判断できなかったことをきちんと伝えていくことも必要だと思います。大人の思いを込めた言葉が、子どもの心に響くには、日頃から子どもたちとしっかり向き合い、一緒に感動したり発見したりすることを積み重ねていくことでできる信頼関係があってこそです。心の育ちを何よりも大切に支えていける、子どもの援助者の存在がとても重要だと考えています。

みんなが大好きな保育園をつくっています。

休憩時間にも、スタッフたちの会話からは、保育園での出来事の話題が聞こえてきます。もちろん、プライベートで行った旅行などの話しで盛り上がったりもしますが、伝えたくなる感動の話として自然と子どもたちの話題が出てくるのです。休憩時間なのに仕事の話でリラックスできる。先輩たちからのアドバイスもうれしい。子どもたちをさらに知る機会にもなっている。子どもを通しての感動や悩みを一緒に共有していくことで思いがひとつになっていくベネッセらしい風土のひとつでもあります。
もうひとつの特徴としては、小学生や中学生になった卒園児たちが遊びに来てくれることです。卒園した子どもたちがこの園にいい思い出を持ってくれていています。楽しかった。自分を大事にしてくれる保育者に見守られていた。それは、卒園してからも自分の心の宝物になってくれているようで、うれしく思っています。成長した子どもたちが保育園を訪問して顔を見せてくれる背景には、小さい時からちゃんと見てくれた、本気で向き合ってくれた人の存在が大きいということを感じています。話を聞いてくれる仲間の存在。頑張った先には必ず子どもたちとの感動や喜びがある。仲間の力と子どもと積み上げていく感動が保育者の安心感と喜びにつながっている。みんなが大好きなそんな保育園を、自分たちの手でつくっています。

保育はチームワーク。

子どもたちと一緒に生活をすることで感動があります。涙することもあります。うれしさや悲しさを感じることができる『保育』は本当に素晴らしい仕事だと思います。
保育はチームワークが大切です。保育者一人ひとりには得意なことも苦手なこともあり、いろんな考え方もあります。自分はこういう見方をしたけれど、他の人は違う見方をすることもあります。この人の良さはこうすれば引き出せるとか、お互いの良いところや考え方、それこそ癖にいたるまでをみんなが理解をしながら、チームとして一番大事な子どもや保護者の方に対して、どうしたら最も良い保育や関わりが提供できるのか考えて実践しています。
「仲間と共に育ち合う」ことを合言葉に、取り組み方や、考え方が異なった場合、みんなで議論し、考えあい、方向性を一つにして、仕事に取り組んでいます。自分の良いところなど園長をはじめ仲間たちが認めてくれ、自分の居場所があるからこその充実感が、保育園の子どもたちや保護者の方にも伝わるのか、安心感のある環境になっているようです。
大好きな子どもたちと一緒に何をやっていきたいか、保育者にも受身ではなく主体的に関わっていく力が求められます。自分も一緒に感動したり発見したりしていこうという気持ちを持つと本当に保育という仕事は楽しくなります。他の人の意見にも耳を傾けられること。人からもらったアドバイスは自分の宝物と思えること。そして子どもに対して温かな眼差しを向けられること。そうすれば、今日はちょっと大変だったと思ったとしても、その先には必ず子どもと一緒にいろんな喜びが待っていると確信が持てるようになります。その場その場でいろんな発見のある喜びや、子どもがこんな風に成長したんだという喜びをキャッチできる人の活躍に期待しています。

大切にしている
想い