ベネッセスタイルケア
ベネッセの保育園
ベネッセの学童クラブ
こどもはホンキ、保育者だってホンキ

保育って
おもしろい。

Childcare is interesting
kv写真
#029 遊びは日常のトレース ベネッセ 板橋保育園
こどもはホンキ、保育者だってホンキ 保育って おもしろい。 Childcare is interesting

ここで掲載している写真には、こどもと保育者のストーリーがあります。

ここで掲載している写真には、

こどもと保育者のストーリーがあります。

「保育って おもしろい。」

その瞬間の写真をストーリーと一緒に、ご覧ください。

  • 朝霞市 宮戸保育園

    #028
    ザリガニのお家を掃除していると、そっと側にやってきたこどもたち。
    「お散歩行くのかな?」「行かないもん!」「しー静かにしてザリガニさんびっくりしちゃう!」と、こどもたちのヒソヒソ話に耳を傾けたそんな瞬間。
    朝霞市 宮戸保育園
    #028 小さなきっかけから
    なぜ?どうして?からはじまる

    毎日の生活は、変わりなく同じことが繰り返されていますが、
    身の回りの小さな出来事の中に、大きな発見の種が
    潜んでいます。

  • ベネッセ 練馬えこだ保育園

    #032
    自分で選んだ絵の具とビー玉を容器に入れて遊んでいた時の事です。
    転がす度に色が変化することが楽しくて夢中になっているうちに、どうしてもビー玉が気になり、手に取った時の驚きが「あっ」と口が開いた表情に表れています。
    ベネッセ 練馬えこだ保育園
    #032 夢中・熱中・集中
    なぜ?どうして?はさらにつながっていく

    こどもは自分が強い興味・関心を抱くことに対しては、
    集中して取り組みますが、ふとした瞬間に
    やめてしまっていることがあります。

  • ベネッセ 本郷台保育園

    #020
    5年前の年長さんが、給食に出た夏蜜柑の種をまき、生長した木に毎年蝶が産卵しています。
    昨年度、産まれた青虫が蛹となり、越冬をして春に羽化をしました。
    4月に緊張していた3歳児もワクワク見守った瞬間です。
    ベネッセ 本郷台保育園
    #020 生き物は保育者一人分
    命へのかかわりから育つ学び

    こどもたちは、動いて成長する生き物に興味津々で、
    捕まえて園の中で育てたいと希望します。
    どこの保育園でも、かならずと言っていいほど、
    何かの生き物を飼っています。

  • ベネッセ 逸見保育園

    #012
    とても暑い日、園庭の築山の遮光ネットに水をかけると、その中に入って遊ぶこどもたちは「冷たくて気持ちが良い!大雨が降ってきた」と。
    光と雨粒が見えるでかいで遊ぶと「あー楽しかった」と満足気に保育室へ。夢中に遊び満足したこども達。
    ベネッセ 逸見保育園
    #012 遊びを軸にする
    とにかく遊ぶ

    こどもたちは、保育園で朝から夜までの
    長い時間を過ごす中で、遊ぶ・学ぶ・食べる・眠るなど、
    たくさんの活動を行っています。

  • ベネッセ 菊名保育園

    #028
    ある日の夕方。壁にモビールの影を見つけ、手を伸ばして触れようとするAくん。
    それを見ていた保育者がそっと手で影を作ると、それにも気付き、作った影を夢中で追いかけて目を輝かせていました。
    ベネッセ 菊名保育園
    #028 小さなきっかけから
    なぜ?どうして?からはじまる

    毎日の生活は、変わりなく同じことが繰り返されていますが、
    身の回りの小さな出来事の中に、大きな発見の種が
    潜んでいます。

  • ベネッセ 武蔵新城保育園

    #029
    登園後保育園ごっこを楽しむぼく。真剣にお世話をしている姿。「うんちでた」と取り替え見立て遊びを楽しんでいます。
    見立て遊びが盛んなこの時期ならではの姿。日頃の丁寧な大人とのかかわりをとおして遊びが拡がります。
    ベネッセ 武蔵新城保育園
    #029 遊びは日常のトレース
    模倣は創造の母

    こどもは日常生活に見立てた“ごっこ遊び”を通して、
    何かを学びとろうとしています。

  • 三鷹市立東台保育園

    #012
    その目に輝く未来。先に見える道は違ってもこの園庭で同じ遊びをした事、やりたい事に夢中になった事は今のキミ達を作り、明日の未来に繋がっている。
    全身で光を浴び、土を感じ、キラキラした園庭で心の動くまま、今を楽しむ事を忘れない。
    三鷹市立東台保育園
    #012 遊びを軸にする
    とにかく遊ぶ

    こどもたちは、保育園で朝から夜までの
    長い時間を過ごす中で、遊ぶ・学ぶ・食べる・眠るなど、
    たくさんの活動を行っています。

  • 大田区立萩中保育園

    #032
    感触遊びが苦手で手に砂がつく事をさけて探索を楽しむことが多かったAちゃん。
    お友達や保育者が遊んでいるところに来て、徐々に砂の感触に慣れていきました。
    今では遊びが大胆になり、全身砂だらけになるのも気にせず楽しんでいます。
    大田区立萩中保育園
    #032 夢中・熱中・集中
    なぜ?どうして?はさらにつながっていく

    こどもは自分が強い興味・関心を抱くことに対しては、
    集中して取り組みますが、ふとした瞬間に
    やめてしまっていることがあります。

  • ベネッセ 大崎広小路保育園

    #028
    この子にとって初めての落ち葉の山。最初は1枚拾って大事に握りしめていました。
    全身で秋を感じてほしいと願い空に投げると、舞い落ちてくる様子をじっと見つめて、ついに自分で投げ始めました!
    その日から落ち葉のシャワーで笑顔の毎日。
    ベネッセ 大崎広小路保育園
    #028 小さなきっかけから
    なぜ?どうして?からはじまる

    毎日の生活は、変わりなく同じことが繰り返されていますが、
    身の回りの小さな出来事の中に、大きな発見の種が
    潜んでいます。

  • ベネッセ 雑司が谷保育園

    #029
    ぬいぐるみを座らせて絵本の読み聞かせ。大好きな歌絵本を歌い、ぬいぐるみを一匹ずつ見つめながらページをめくる姿は、優しく微笑ましい光景でした。
    絵本をとおした語りかけのやりとりを大切にしている日常の光景が感じられる1枚です。
    ベネッセ 雑司が谷保育園
    #029 遊びは日常のトレース
    模倣は創造の母

    こどもは日常生活に見立てた“ごっこ遊び”を通して、
    何かを学びとろうとしています。

  • ベネッセ 学童クラブ青葉台

    #009
    学童クラブに到着するとかばんの中をガサゴソ…と何かを探すAくん。
    まず手を洗おうねと言いたいのを一拍置いて「どうしたの?」と聞くと、「ほらみて!顔~!」と並べた葉っぱと同じ笑顔をその時だけマスクをずらして見せてくれました。
    ベネッセ 学童クラブ青葉台
    #009 どうしたの?
    一拍置いてみる

    こどもが何かしている。
    本人はまだ事の善し悪しがわからないので、
    良くないことであっても何も言わないと
    そのまま続けてしまいます。

  • 文京区立根津臨時育成室

    #014
    今日は根津神社に遊びにきました。鬼ごっこやドロケイをしてたくさん汗をかいたあとはひんやりとした地面に座って休憩です。
    しばらくすると鳩も涼みにやってきました。じっと鳩を見つめ、次の鳩の行動に興味津々です。
    文京区立根津臨時育成室
    #014 本物に触れる
    繊細で壊れやすく、かつ力強いもの

    身近なもの/ことから手の届かない稀有なものまで、
    本物に触れる機会がないと、その良さや本質がわかりません。

  • ベネッセ 氷川台保育園

    #005
    その子の誕生日には調理室からもプレゼント。にんじんを星型に型抜きし、ご飯の中へかくれんぼ。「ハッピースター」を見つけてくれるかな?
    あなたがこの1年笑顔になりますように。さぁ召し上がれ。
    ベネッセ 氷川台保育園
    #005 1/365
    その日は、あなただけの誕生日

    乳幼児期のこどもは 一年一年と大きく成長していきます。
    保育園ではこどもの誕生日をみんなでお祝いします。

  • ベネッセ 石神井公園保育園

    #004
    秋の散歩が始まる前に看護師がこども一人ひとりの靴のサイズを見て、はき方の指導をしてくれました。
    靴について知り、自分の身を守ることを理解することにもつながります。少人数での丁寧な関わりが互いに嬉しそうで、笑顔のひと時でした。
    ベネッセ 石神井公園保育園
    #004 足の裏から人生がはじまる
    人類の文明は直立二足歩行からはじまった

    こどもたちは日常生活の中で広い場所に出ると走り出し、
    坂や段差に出くわすと、あきらめずにどんどん登り出します。

  • ベネッセ 溝の口保育園

    #001
    0歳から入園して、初めて出会う家族以外の場所がわたしたち、保育園。
    記念すべき人生のはじめてを一緒に過ごせることに感謝。
    この愛おしい気持ちを芽生えさせてくれたことにも感謝。
    たくさんの愛情を浴びて大きくなぁれ!
    ベネッセ 溝の口保育園
    #001 ひとっていいな
    すべてはあなたからはじまる

    乳幼児にとって保育者は、
    その子の気持ちや保育園での生活すべてを預ける存在です。

  • ベネッセ 綱島台保育園

    #028
    こどもたちの視線の先を辿ると、そこにはクモが。身を屈めて同じ高さで、一緒に観察。
    この後もたびたび「クモいたね」と話題にあがりました。
    誰かと一緒に共有した出来事はこどもたちの心に残るんですね。
    小さなクモが気づかせてくれました。
    ベネッセ 綱島台保育園
    #028 小さなきっかけから
    なぜ?どうして?からはじまる

    毎日の生活は、変わりなく同じことが繰り返されていますが、
    身の回りの小さな出来事の中に、大きな発見の種が
    潜んでいます。

  • ベネッセ 青葉台保育園

    #019
    保育園のまわりには、園庭にはないちょっとドキドキする場所がたくさんあります。
    そんな場所を見つけるのも楽しみ。
    草の山すべりもこどもたちと一緒なら楽しさ100倍。
    こどもたちがいるから楽しさも100倍。保育って楽しい!
    ベネッセ 青葉台保育園
    #019 おでかけ園庭
    まち全体で遊ぼう

    こどもたちは外に出て体を動かしたいと思っていても、
    十分な園庭や環境が備わっていないことがあります。

  • ベネッセ 武蔵小杉第二保育園

    #032
    水鉄砲が大好きなH君。どこまで高く水が届くか実験中。とっても楽しそうな姿を見て、保育者が仲間入り!
    どちらが高く飛ばせるか…。顔にかかる水も気にせず夢中なふたりです。
    ベネッセ 武蔵小杉第二保育園
    #032 夢中・熱中・集中
    なぜ?どうして?はさらにつながっていく

    こどもは自分が強い興味・関心を抱くことに対しては、
    集中して取り組みますが、ふとした瞬間に
    やめてしまっていることがあります。

  • 調布市立ひまわり保育園

    #014
    こどもの前で本気を出す。いつも穏やかな大人の本気に触れることで、こどもたちの心が動きます。
    「私もやりたい!」「かっこよく跳びたい!」
    保育士の本気がこどもたちに伝わった時、保育士としてのやりがいを感じます。
    調布市立ひまわり保育園
    #014 本物に触れる
    繊細で壊れやすく、かつ力強いもの

    身近なもの/ことから手の届かない稀有なものまで、
    本物に触れる機会がないと、その良さや本質がわかりません。

  • 三鷹市立大沢台保育園

    #028
    新聞遊びの後の片づけ中…偶然できたカブ。
    こどもたちの好きな絵本のシーンが浮かび「抜けないな」と呟く。
    気づくと後ろには可愛い顔が連なり。楽しいごっこ遊びが始まった。
    小さなきっかけを見逃さない保育をしたい。
    三鷹市立大沢台保育園
    #028 小さなきっかけから
    なぜ?どうして?からはじまる

    毎日の生活は、変わりなく同じことが繰り返されていますが、
    身の回りの小さな出来事の中に、大きな発見の種が
    潜んでいます。

  • ベネッセ 美竹の丘保育園

    #001
    ゆったりとした中で、保育士の指をぎゅっとにぎって絵本を見つめています。
    初めて家庭から出て生活していく場所。だからこそ、人の持つ柔らかい雰囲気を通して、声やぬくもりを感じて安心してもらえるように保育していきます。
    ベネッセ 美竹の丘保育園
    #001 ひとっていいな
    すべてはあなたからはじまる

    乳幼児にとって保育者は、
    その子の気持ちや保育園での生活すべてを預ける存在です。

  • ベネッセ 菊川北保育園

    #029
    レストランの店長のAくん。お客さま役の保育士に「お洋服が汚れませんように」とナフキンをかけてくれました。
    これぞ「思いやり」ごっこ遊びにも反映されています。
    ベネッセ 菊川北保育園
    #029 遊びは日常のトレース
    模倣は創造の母

    こどもは日常生活に見立てた“ごっこ遊び”を通して、
    何かを学びとろうとしています。

  • ベネッセ 学童クラブ春日

    #008
    「おかえり~!」登室時には、かならず全員に声がけ。
    それを聞いて、返事の言葉が元気に響く。
    「これを見て!」「今日学校でね」と応える声の大きさから、こどもが安心して過ごしているのがわかる。
    自然に集まって、自然に楽しく笑い会話する居場所。
    ベネッセ 学童クラブ春日
    #008 声かげん
    かけすぎないちょうどいい塩梅

    こどもは、成長の過程で初めてのことに挑戦したり、
    いろいろな問題や悩みごとを抱えることがあります。

  • 浦安市立舞浜小学校地区児童育成クラブ

    #039
    大人もこどもも人と人。楽しいときも、ぶつかるときも、いつも全力で向き合うことで形作られる信頼関係。
    「保育って おもしろい」
    心からそう思わせてくれる一瞬をとらえた1枚です。
    浦安市立舞浜小学校地区児童育成クラブ
    #039 なみだとけんかは園の華
    コミュニケーションをする力を育む最高の瞬間

    こどもは成長に伴って他者との関係づくりを行っていきます。
    その中で、自分と相手の気持ちや欲求がぶつかり合います。