育みたい力の保育だより一覧

H ichinotsubo dhonbun1

食事

2015/03/12

桃の節句

川崎市にあるベネッセ 市ノ坪保育園で行った
「雛祭りお茶会」についてご紹介します。

ベネッセ 市ノ坪保育園には、とてもりっぱな雛人形の七段飾りがあります。
給食スタッフの自宅にあったもので、開所時に、寄贈された雛人形です。

その雛人形の前で、今年は「お茶会」を開催しました。
お茶を点ててくださったのは、園児の御祖父様。
きっかけは、別の行事に参加された保護者の方との会話の中で、
お琴の演奏会を3月に実施するので、
茶道など日本の文化に触れる体験を
子ども達とやってみたいというような話をしたところ、
園児の御祖父様がされているとお話をいただき、
子ども達の豊かな経験につながるなら、
ということで快諾され実現したものです。
初めての試みでしたが、茶碗や茶筅といった茶道具だけでなく、
畳や風呂先屏風などもすべて持参してくださり、
保育室が、一気に茶室のような雰囲気となりました。

子ども達は、お手前を初めて見て、
その時間正座の姿勢を保ち、とても真剣な様子で参加していました。

点ててもらったお抹茶と一緒に、
給食スタッフが作った手作りのお茶菓子もいただきました。
初めてのお茶でしたが「甘いね」「おいしいね」など、
子ども達もしっかり味わっていました。
今回準備したお茶菓子は、
ポンデケージョをムラサキイモと抹茶でコーティングしたお菓子です。
色が春らしく素敵ですね。

お茶を飲んだ後は、「これななんていう名前なの?」「何をするものなの?」
など子ども達の道具などの質問にも1つ1つ丁寧に対応してくださいました。
また、「いいにおいだね~」と、お香のにおいを楽しんだりしました。

これからも文化・伝承行事などを通して、
一人ひとりの感性を育める活動を行っていきます。