育みたい力の保育だより一覧

H hikawadai dhonbun1

食事

2014/11/25

さつま芋作り・収穫の記録

ベネッセ 氷川台保育園

今年はさつま芋を保育園の畑に植えて育て、芋掘りをしようと計画しました。
まずは、チャレンジさん(年長児)により畑作り。
除草して土慣らししています。
みんなもくもくと作業をしていました。
チャレンジさんは、毎日、芋畑を見に行き、除草したり、水をあげてお世話をしました。
葉が土に触れると根が出てきて、そこに養分を取られてしまうので、葉っぱを裏返す根返しをしました。
頑張った甲斐あって、こんなに立派な草が生い茂りました!
大きなお芋が出来ているかな??
ドキドキ、期待感マックスでした!

芋掘り当日です。アクティブ(年中児)・チャレンジ(年長児)さんで掘りました。
自分たちで育てた芋は格別のようで、一生懸命掘っていました!
「おいも出ておいで~♪」「おいもほれたよ~」
「わ~、かわいいおいも!!」
自分たちのお芋、小さいけれど大事に、大事に見せてくれました。
これはたまたま小さいお芋、きっと大きいお芋もあるよね~?
とは、大人の発想。
お芋収穫の全容です・・・。
小さいお芋がほんの少しとれました。
でも、子どもたちは大満足でした。
しかし、大きい立派な誰かが育てたお芋より、小さくて少しでも、自分たちが手塩にかけて面倒をみてきたお芋は格別の様子でした。
アイラブマイイモ。芋に愛がこもっていればこその、嬉しい満足感マックスの収穫です。
掘り後にチャレンジ(5歳児クラス)さんが描いた芋の絵です。
子どもの心に響いた芋が様々に描かれています。
あんなに小さな芋だったのに、大きい立派な芋!カラフルな芋!(うきうき感がにじみ出ています) 
どの芋も生命力あふれるステキな芋が描かれていました。
子どもたちの満足感そのままに。