育みたい力の保育だより一覧

H sengoku dmain

1日の流れ

2015/08/25

雨の日はなにして遊ぶ?

ベネッセ 千石保育園

雨の日には子どもたちが大好きな外遊びが出来ず、室内でしか遊べません。
どのような遊びを展開することが、
子どもたちの遊びたい気持ちを満たしてあげられるのか、
担任も考え続け工夫を重ねます。

今日は、先日の夏祭りで大好評だった
「たこボール」を再現してみました。
たこの頭にボールが入るようボールを投げ込む、
バスケットボールのような遊びです。

高さの違うゴールを設け、幼児さんたちの達成感を高めていきます。
「さっきね、高いほうのたこにボールが入ったよ!」と
担任に報告している子どもの姿を見かけると、
こちらまでうれしくなってきます。

「投げる」という動作は、動きの基本です。
投げる動作には臨界期があり、
子どもの頃に習得していないと、
大人になってからでは習得は難しいといわれています。

担任は、子どもの成長発達を理解した上で、
遊びを通して成長発達を促しているわけです。
たこボールコーナーの横では、
積み木に集中している子どもたちもいました。
ここでは巨大鉄道ステーションが展開されていました。
外遊びは出来なくても、千石の幼児さんは豊かな遊びを120%楽しんでいました。