ベネッセの保育園の特徴|安全・衛生

選ばれる理由その5
安全・衛生 外部機関の客観的判断や研修を取り入れ、安全対策に力を入れているから

大切なお子さまを長時間お預かりする保育園にとって「安心・安全」は最低条件。施設の防犯対策、毎月の避難訓練などはもちろんのこと、ベネッセスタイルケアでは運営本部を中心に安全管理・危機管理の体制を整え、現場の保育園とともに事故や感染症を未然に防ぐ努力をしています。
保育園スタッフの中でルールを徹底するだけでなく、第三者機関による研修や衛生検査などを積極的に取り入れ、保護者の方が安心してお子さまを預けていただける環境を整えています。

こだわりポイント1

第三者機関による衛生検査

ベネッセの保育園では定期的に第三者機関による衛生検査を受けています。衛生管理には細心の注意を払っていますが、見落としている点はないか、客観的な目でダブルチェックを行うためです。

こだわりポイント2

救急手当て研修

全保育者には毎年「乳幼児救命手当講習会」への参加を義務付けています。心肺蘇生法だけでなく、AEDの使い方やけがの応急処置についても実習を交えながら講習会で学びます。

こだわりポイント3

乳幼児突然死症候群
(SIDS)対策

ベネッセの保育園では、お昼寝時の健康管理にも細心の注意を払っています。乳児はSIDS対策としてうつぶせ寝を避け、定期的に視診や触診で呼吸や体調を確認しています。

こだわりポイント4

テンキー施錠などによる
防犯対策

園の入り口は暗証番号式(テンキー式)の鍵によって施錠されており、園のスタッフと保護者以外は開錠できないようにしています。万が一の不審者の侵入に備え、セキュリティシステムを導入するなど、施設状況に応じた対策をしています。

こだわりポイント5

感染症対策

手洗い・うがいの徹底、スタッフへの季節性インフルエンザ・麻疹の予防注射接種など、日ごろから感染症を未然に防ぐ努力をしています。それでも園で感染症が発生してしまった場合には、室内や玩具の消毒(消毒液は必要最小限の濃度で使用します)、マスク着用など、感染拡大を防ぐための対策にも力を入れています。

理由その4 食事
選ばれる5つの理由 トップに戻る
写真
オススメ情報 ベネッセの保育園ブログ よく見られている記事 おすすめリンク 学童クラブ 日吉一時保育室
ページトップ