ベネッセの保育園の特徴|食事

選ばれる理由その4
食べることは生きることの基本。楽しく食べることを大事にし、食育にも取り組んできたから

子どもには「食べるって楽しい」と感じてほしい。
給食やおやつには、子どもの「食べたい!」を刺激するさまざまな工夫が隠されています。
食べるものには、いろいろな種類があること、季節によって変わること、そして、いろいろな色や形、味やかたさに違いがあることなど、食べることによって、子どもたちはさまざまなことを知ります。
また、野菜の栽培やクッキングの体験などを通じて、食育にも取り組んでいます。

こだわりポイント1

献立への配慮

旬の野菜を中心に、たくさんの素材を使い、その持ち味を味わえるよう、和食を中心に、うす味で調理します。添加物、遺伝子組み換え食品等にも配慮。おやつも極力手作りにこだわっています。

こだわりポイント2

テーブルセッティング

机にテーブルクロスやランチョンマットを敷いたり、お花を飾るなど、子どもたちが家庭的な雰囲気の中で楽しく食事ができるよう、食べる環境づくりにも気を配ります。

こだわりポイント3

野菜作りで食育

野菜の栽培、お手伝い、クッキングなどの食育活動を通じて、食べ物に興味を持ち、食べる楽しさや意欲を培っています。自分たちで栽培・収穫した野菜はひときわおいしく感じます。

こだわりポイント4

食事の介助

離乳食初期段階から咀嚼の様子、食べる量など、一人ひとりの状況を把握し、担当の保育者が1対1で援助します。スプーンやはしの使用も適切な時期に無理せず自然に身につくようにしていきます。

こだわりポイント5

目と目を合わせて授乳

乳児の授乳は決まった時間ではなく、保護者の方と相談しながら、一人ひとりの生活リズムに合わせて行います。ご家庭と同じように、保育者が抱っこし、目を合わせながらゆったりと授乳します。

こだわりポイント6

陶磁器の食器

食器は環境ホルモンの心配のない陶磁器を使用しています。陶磁器の食器は重量感があり、不注意で落とせば割れます。ベネッセの保育園では小さなときから本物にふれることを大切にしています。

理由その3 遊び
理由その5 安全・衛生
写真
オススメ情報 ベネッセの保育園ブログ よく見られている記事 おすすめリンク 学童クラブ 日吉一時保育室
ページトップ