未経験からベネッセの保育士に

社会科の教員免許を持っていたが、保育士の資格はなかった。
未経験からどのようにして夢を実現できたのか。

ベネッセ 港南保育園 中村由紀 保育士

写真

いっしょに遊びながら、すくすく育つ環境をつくりたい。

大学で教員免許を取ったものの、教師になるのはしっくりきませんでした。それほど勉強が得意でもない自分が、それを教える仕事に就くというのはどうかと。どちらかと言えば、小さな子どもと触れ合う仕事に興味がありましたし、自分も子どもたちといっしょに思い切り遊びながら、すくすく育つ環境をつくっていく方が自分らしくて合っていると思ったんです。 そこで、まずは児童館のサポートスタッフとして働くことに。そして働きながら勉強して、国家試験を受けて保育士の資格を取りました。ベネッセに入社して、晴れてこの仕事に就いたのは6年前です。
現在勤務している保育園に立ち上げから携わっています。開園する前に1ヵ月間の研修があったのですが、保育園での実習で先輩保育士の方から経験談を聞けたり、同期の仲間とじっくり話しあったり。未経験でスタートを切るわたしには貴重なウォ-ミングアップになりました。

子どもたちを見守るだけではなく、子どもたちと創ること。

保育士になって、子どもが可愛いだけでは務まらないと実感しました。たとえばケンカが始まったとき、仲直りをするにしても理屈は通用しません。気持ちを汲んであげながら、双方が納得するまで話すことが大事。関わり方の難しさを日々感じています。
ベネッセでは、幼児は年齢別にクラスを分けていません。異年齢保育を行っているのですが、きょうだいのいない子どもが増えているので、年上の子といっしょに何かをする、年下の子を思いやるといった体験を通じて、よりよく生きるための保育に取り組んでいます。普段から心掛けているのは、『子どもたちといっしょに創る』ということ。時には子どもの中に大人も加わって、 いっしょに遊ぶことで新たな遊びに発展することもあります。子ども同士の関わりを見守っているだけではダメ。そう最近気づきました。

写真

結婚して子どもができても仕事を続けている自分がイメージできる。

お散歩に行って、ご飯を食べて、お昼寝して、遊ぶ。やっていることは同じのことの繰り返しなのに、毎日がぜんぜん違う。だから保育士はやめられません。入社する前は、ミルクを作ったこともオムツ換えをしたこともなかったので、一つひとつが大仕事でした。そんなわたしでも気がつけば6年目に。未経験のみなさんもどんどんチャレンジしてください。スタッフは、年齢も幅広いですし、独身の方もいれば子育てを終えた方も。それぞれ人生経験を活かして子どもたちと向き合っています。女性が仕事を続けやすい環境があることもベネッセで働く魅力だと思います。産休、育休、時短勤務…。制度を活用している方が実際に多いので、結婚して子どもができても保育士を続けている自分がイメージできますね。仕事を一人で抱え込まずに、職場の仲間とサポートし合える職場です。

他の先輩社員を見る
ベネッセの保育園 ご応募はこちら 新卒採用 学童クラブスタッフ募集 ベネッセの保育園ブログ 保育にかける思い 保育理念・保育目標 ベネッセ保育園の特徴 社長メッセージ ベネッセの保育園を知る ベネッセの保育園スタッフ募集 小規模でアットホームな保育園 2018年度新園オープニングスタッフ50名募集! 非常勤(パート)スタッフ募集中!
ページトップ