ベネッセの保育園ブログ|★大きな窓があるドア!

日常の様子や採用情報、地域情報など、ベネッセの保育園にまつわる様々な情報をご提供してまいります。

テーマ

★大きな窓があるドア!

2017.6.23

比較的新しいベネッセの保育園では、園舎に入ると、大きめの窓が印象的なドアが目に入ります。床上10センチから扉いっぱいの窓があるこのドアは、給食室の出入り口です。

保育園で出される食事やおやつは、各園で給食スタッフが心をこめてひとつひとつ手作りしています。子どもたちは、できあがっていく様子をそれぞれの目の高さから、窓を通して興味深く見つめます。

 

午前中のお散歩から帰ると、食事のできあがるよい匂いに誘われて、子どもたちは窓ガラスに顔をくっつけて給食室を覗き込みます。ドアの近くで作業をしているスタッフが気づき、ドア越しに手を振ったり、ときには窓越しに手を合わせたりする姿まで見られます。子どもたちの嬉しそうな顔に、他の大人たちも笑顔になります。

給食スタッフも、日ごろから保育室へ食事の様子を見に行ったり、食育活動で一緒に野菜の皮むきをしたり、ホットプレートを使ってクッキングをしたりなど、子どもたちとふれあう場面が多くあります。

 

子どもたちとのスムーズであたたかい関わりはきっと、この給食室の「大きな窓」のプラスの効果なのだと思います。給食室の窓を通してスタッフと子どもたちとの日々の気持ちの通い合いが生まれることで、「食に携わる人への感謝の気持ち」も自然に育っていくと感じています。

 

保育Ⅰ事業部 事業部長 前重 仁美

 
オススメ情報 ベネッセの保育園ブログ よく見られている記事 おすすめリンク 学童クラブ 日吉一時保育室
ページトップ